チケット紛失事件 その2

結局チケットは見つからないまま2日が経ち迎えた当日。
過去に会場側に掛け合ってチケット紛失しても入れた例もあるのをネットから知り、その手で自分も頼み込んでみようと考えていました。
その中でチケットを失くしたことを相談していた友人から、現地で話すよりも先に電話した方がいいとアドバイスを受け、急いでライブビューイングを開催する劇場に電話することに。
問い合わせてみると座席のチケットを購入したとわかる証拠を提示することで、過去にチケットがなくても席へ通した例はあると教えてもらいました。
それにはまずどこの席だったかをはっきりさせる必要があり、続けてチケット発行元のコールセンターに電話(いつも問い合わせ殺到してるのかなかなか繋がらなくて大変でした)
事情を説明するとすぐに応じてくれて自分の取った席の情報をゲット。
劇場側と交渉する武器を手に入れいざ交渉に臨むと、対応してくれたお姉さんがとても優しい方で、提示した内容確認するとすぐにその席が空いてるか確認して開演前からの入場を認めてくれました。
ネットの情報だと開演後しばらくしても席が空いてたら入場できたという例もあり、最初から中へ通してくれたのは本当に有難かったです。
今になって思うと劇場についてから問い合わせをしていたら電話が繋がるまでにも時間を要して確実に開演時間を回っていたと思うので、アドバイスくれた友人にも感謝感謝でした。

brilliant party

せっかくなので無事観ることができたライブビューイングの話も。
今回のライブはB-projectという作品の演者達によるスペシャルイベントで実際のライブは幕張で行われていました。

3グループがひとつになった計10人での合同ライブのようなもので、10人での楽曲はもちろんのこと個々のグループでのパフォーマンスもあり、スクリーン越しの光景ではありましたがそれでもライブの臨場感をひしひし感じることができました。

その中でも箱で推してるMooNsという5人グループがいるんですが、彼らのパフォーマンスではとにかく目が足りず(見たい人が多いあまり)5人それぞれのソロも個性に合わせた素敵なものでめちゃくちゃテンション上がりました。

個人的な一番の思い出はそのメンバーである大河元気さん(元々ミュージカルなど舞台を踏んできている方)が、久々に踊ってくれないかなーと事前に思ってたら本人酸欠になるレベルでガツガツ踊ってくれて、それがもうなにより嬉しかったです。

40代の婚活

ライブ自体は本当にあっという間で2時間ほどの時間でしたが、本当に楽しいひと時を過ごすことができました。
そして今回ほぼ私に付き合う形で一緒してくれた恋人さんが予想以上に盛り上がってくれて、最終的に私の推しグループの人達を一番気に入ってくれたようで連れて行った甲斐がありました。

次のライブがあるならまた一緒に参戦したいです。

チケット紛失事件 その1

これまでにも色々事前に観劇やライブ関係のチケットを確保しいろんなイベント事に参戦してきた私ですが、この度初めて間際にチケットを紛失する大失敗をしでかしました。
それはとあるライブのライブビューイングのチケットで、その日は関東に住んでる恋人さんと一緒に観るために地元ではない劇場のチケットを事前に取り、そのチケットを持ってライブ当日の2日前から関東入りしていました。
恋人さんと夜に合流して食事をし、そのライブの話をしていた流れでチケットを入れていたリュックの中を漁るものの肝心のチケットが見つからない。
そこで初めてチケットを紛失したことに気付き一瞬で血の気が引いてくのを感じました。
慌てて荷物の至る所を探すも見つからず絶望に打ちひしがれる私。
行きは飛行機で飛んできており地元からリムジンバスで空港、空港に着いてから電車移動、とあまりに移動距離が長くどこで落としたのか定かではありません。
(チケットをリュックに入れたのは間違いないので自宅には忘れていない)
その移動の過程で荷物を開けた飛行機内が一番可能性があると思い、飛行機の運行会社に問い合わせるも忘れ物は届いていないとの解答。
空港まで行くリムジンバスの中で落とした可能性も考えられたので、関西のバス運行会社に問い合わせてみるもこちらの解答もノー。
他に手がかりもなく途方に暮れるしかない私。果たしてどうなるのか。その2に続きます。